『軽ワゴン車比較ランキング2018』エブリィワゴン/アトレーワゴン/バモス3台比較

荷物が沢山載せられる、軽ワゴン車を徹底比較するサイトです。軽ワゴンの人気・燃費ランキングなども発表しています。

*

新型N-VANは2018年7月発売予定!燃費・価格予想

      2018/06/27

新型N-VAN(新型バモス)は、バモスの後継として発売される予定の軽ワゴン車です。軽自動車の中で最も人気の新型N-BOXをベースに作られたN-VANは2018年7月発売予定です(2018年6月27更新)

公式サイトで詳細が少しずつ分かってきました。N-VANの外観はやはりN-BOXにとても似ています。

スライドドアは、ダイハツ・タントに採用されているようなミラクルオープンドアが搭載されています。助手席ピラーレスで1,580mmの大開口幅を実現しました。

N-VAN公式サイトはこちら

新型N-VANの発売予定は2018年7月

公式サイトでは、2018年夏登場と書いてありますが、2018年7月に発売されるのではという情報が流れています。

新型N-VANの特徴

  • 新型N-BOXがベース
  • 全車4WDの前輪駆動
  • 室内長1510mmでライバル車よりも短い
  • 助手席ピラーレス
  • 先進安全性能「Honda SENSING」標準装備

新型N-VANの燃費予想は最大24.2km/L?

公式ホームページでは、グレード等や室内サイズの詳細は掲載されていますが、まだ燃費の表示はされていません。

バモスの重量が990~1080kgなのに対し、新型N-BOXの重量が890~1020kgなので、新型N-VANの方が車両重量が重いと考えられるので、燃費もN-BOXよりは落ちると予想しています。

新型N-BOXの燃費

実際の新型N-BOXの車両重量に対する燃費を参考までに見てみたいと思います。

  • 890kg(27.0km/L)
  • 990kg(24.2km/L)

新型N-VANの燃費予想

車両重量が重くなればなるほど燃費が悪くなる事から、このような予想を立ててみました。
990kgと1020kgの燃費は新型N-BOXから数値を引用しています。

  • 990kg(24.2km/L)
  • 1020kg(23.0km/L)
  • 1080kg(20.6km/L)

新型N-VANも重量が軽くなる可能性がありますので、この予想よりも燃費が良くなる可能性もあります。
どちらにしても現状バモスの燃費がたった16.0~16.8km/Lしかないので大幅な燃費向上となることは間違いなさそうです。

従来よりも100kg程軽くなるという情報もありますので、新型N-VANの重量が890kgになれば、燃費も27.0km/L程度になる可能性も考えられます。

新型N-VANの価格予想は15万程値上げか。

現在バモスには先進安全性能が搭載されておらず、新型N-VANでは、先進安全性能の『ホンダセンシング』を搭載されると予想されています。

安全性能が高まるとどうしても価格も高くなっていまいます。バモスの販売価格は128万円からですが、新型N-VANは10~20万円程度高くなるのではないでしょうか。

15万円の値上げで143万円からという価格になります。

新型N-VANの安全性能はホンダセンシングを搭載か。

新型N-VANの荷室は更に広くなる?